マイクロジノン21


マイクロジノン21は、ドイツの有名な製薬メーカーであるバイエル社が開発した経口避妊薬です。

有効成分として、女性ホルモンである黄体ホルモン(レボノルゲストレル)と卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)を含有しています。とくに黄体ホルモンのレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)からも避妊効果が強く安全性が高いということを認められ、多くの避妊薬に含有しています。

1日1錠を21日間連続して服用することで強力に排卵を抑制し、妊娠を予防することができます。さらに、子宮の状態を調整して精子が子宮内に侵入するのを阻害する効果と、受精卵が着床するのを阻害する効果もあり、妊娠を予防することができます。

マイクロジノン21は、妊娠防止する効果だけでなく継続して服用することで体内のホルモンバランスを整える効果もあります。ホルモンバランスが崩れて生理の周期が乱れていると、情緒が不安定になったり、肌荒れ等身体にも不調が出てきます。

マイクロジノン21の2つの女性ホルモンがホルモンのバランスを改善し、生理周期を正常化することで、生理前のイライラや情緒不安定な状態になるPMS(月経前症候群)や生理痛を軽減することがでいきます。

マイクロジノン21を服用することで、女性の気になる多くのトラブルを解決することができるのです。

有効成分のレボノルゲストレルは、WHO(世界保健機関)から避妊効果と安全性に優れていることを認められています。現在市場に流通する数多くの避妊ピルにはレボノルゲストレルが配合されています。また卵胞ホルモンと呼ばれるエチニルエストラジオールも、避妊効果に大切な役割を果たしています。経口タイプの避妊薬の副作用の多くは、この卵胞ホルモンに関係しているといわれています。

実は、経口避妊薬の研究開発は、いかに卵胞ホルモンの配合量を少なくするか、という課題と向き合い続けて行きた歴史そのものであるといっても過言ではありません。マイクロジノン21は、卵胞ホルモンであるエチニルエストラジオールを0.03mgという超低用量配合で製薬されており、副作用のリスクが小さいことが最大の特徴です。超低用量ピルとも呼ばれています。

また当然ですが注意点として、経口避妊薬は妊娠を予防するためのもので、性病を防ぐ効果はないということです。ほとんどの経口避妊薬にも、HIV感染(エイズ)および他の性感染症(例えば梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア感染症、尖圭コンジローマ、膣トリコモナス症、B型肝炎等)を防止するものではないと注意喚起がされています。

これらの感染防止には、コンドームを使用するようにしてください。

マイクロジノン21